新101系247編成甲種輸送

2010年03月05日~06日
新101系247編成の甲種輸送が小手指~白糸台で行われた。これは多摩川線の101系(低運転台)を置き換えるためである。この翌日には新101系247編成の入れ替わりで101系217編成が白糸台~小手指で甲種輸送された。
なお、今回から池袋線内の被牽引車の牽引車がE31形から新101系263編成に換わった。
まずは小手指→所沢の回送を撮影した。
いつも通りに甲種輸送前夜に所沢6番へとやってきた。


上りの終電後とあってか、E31が牽引した時と比較にならないほど撮影者が・・・。
この方が、マッタリとしていて「これぞ西武」という感じ。

翌日
所沢→新秋津の回送は所沢陸橋で。


JR線内の輸送は、新秋津~新座ターミナル~八王子~武蔵境の経路で行われた。
JR線1発目は新秋津~東所沢で。


2発目も東所沢~新秋津で撮影した。


この後は263編成の返却を撮るために西武線内へ。
新秋津~所沢で流して一旦終了。


今度は多摩川線へ出撃。
武蔵境~白糸台は反射板を取り付けたまま自走で回送された。


この247編成、今後どのような姿になるのか、はたまたこのままの姿なのか気になるところ・・・。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!