「第11回 埼玉B級ご当地グルメ王決定戦in飯能」臨時輸送

2013年10月13日(日)
「第11回 埼玉B級ご当地グルメ王決定戦in飯能」開催に伴い、飯能~東飯能(武蔵丘)間で臨時列車が運転されました。

20131013_01.jpg
東飯能1010発→飯能行き、9000系9106F
臨時列車の内3本は、定期回送電車を利用し、東飯能~飯能間を客扱いする形で運転されました。

飯能行きは、武蔵丘出発時点で方向幕を「各停 飯能」に設定していたため
回送区間の武蔵丘~東飯能間を10両編成が各停飯能表示で通過するという少々珍しい場面となりました。

20131013_02.jpg
東飯能1023発→飯能行き、6000系6155F
定期回送電車、08Mの地下鉄直通車もやってきました。

20131013_03.jpg
東飯能1118発→飯能行き、9000系9107F
こちらも定期回送電車。

20131013_04.jpg
飯能1125発→東飯能行き、30000系38105F+32103F
東飯能で客扱いは終了しているものの「臨時」表示でやってきました。

20131013_05.jpg
20131013_06.jpg
東飯能1148発→飯能行き、30000系32103F+38105F
行き違いのため停止したので一人撮影会。2分程度停止、動き出したところでもう1枚。何故か「臨時」表示でした。

20131013_07.jpg
東飯能1248発→飯能行き、30000系32103F+38105F
ひと通り撮影できたのでこれにて撮影を終了しました。

飯能1125発以降の臨時列車、飯能発・東飯能発ともに、すべて30000系32103F+38105Fが担当しました。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!