YouYubeチャンネル「西武鉄道情報館 byイチマル」にて鉄道動画を公開中!

小手指~所沢間、2度目の日中回送!多摩湖線から多摩川線へ新101系263F+1245F(ツートン塗装)甲種輸送

小手指~所沢間、2度目の日中回送!多摩湖線から多摩川線へ新101系263F+1245F(ツートン塗装)甲種輸送

2021年1月23日(土)

西武多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送1日目(往路)が行われました。

往路となる23日は、新101系1245Fの甲種輸送が(西武線内)小手指~新秋津(JR線内)新秋津~八王子~武蔵境(西武多摩川線内)武蔵境~白糸台の経路で運転されました。

※八王子以降の甲種輸送ならびに翌日に控えていた新101系1251Fの甲種輸送は中止となりました。

珍しく日中に運転された小手指~所沢の回送

今回の西武線内甲種輸送については、輸送当日の日中に小手指車両基地を出庫し、所沢を経由して新秋津へ新101系263Fの牽引により回送されました。

263F牽引の多摩川線甲種の歴史の中で2回目となる小手指~所沢の日中回送(新101系263F+1245F)
263F牽引の多摩川線甲種の歴史の中で2回目となる小手指~所沢の日中回送(新101系263F+1245F)

小手指~所沢が日中に回送された理由:17000系乗務員訓練…?

通常の多摩川線甲種輸送の行程は、金曜日の深夜に小手指車両基地を出庫して所沢まで263F牽引により回送(所沢6番線留置)、翌日の日中に所沢から新秋津へ263F牽引にて回送されています。

なぜ、小手指→所沢の回送は前日に行われているのか…?

➡ 輸送当日に自社線内で事故等の輸送障害が発生した場合に備えて、JR貨物への受け渡し遅延を防ぐためと思われます。

予め決められたダイヤに間に合わない場合、違約金や人件費等で余計に輸送費用が掛かる場合があります。多摩川線の甲種輸送に限らず、2000系や9000系など西武線発の甲種輸送については以前より同様の行程で回送作業が行われています。JR線に繋がる所沢~新秋津間の線路は他の列車が通らないため、例え輸送障害が発生した場合でも基本的に遅延することなく荷物を送り届けることができます。

しかし今回の場合は、輸送当日に小手指車両基地から新秋津まで一気に回送されました。

小手指~所沢の回送が日中に行われた理由として、1月20日から連日行われている東京メトロの新型車両17000系の西武線内乗務員訓練が関係しているものと思われます。

17000系の乗務員訓練は基本的に飯能~所沢間で行われていますが、所沢で飯能方面へ折り返す際に6番線を使用しています。

甲種輸送当日も朝から6番線を使用して17000系の乗務員訓練が行われており、いつも通りに前日の夜間から所沢6番線に甲種輸送の編成を留置しておくと、17000系の乗務員訓練に支障をきたすことから、今回に限って小手指~所沢間の回送を輸送当日に行ったものと考えられます。

東京メトロ17000系17102Fを使用して連日行われている西武線内の乗務員訓練
東京メトロ17000系17102Fを使用して連日行われている西武線内の乗務員訓練

なお、牽引車がE31形から新101系263Fに変更されて以降、多摩川線甲種で小手指~所沢間の回送が日中に行われたのは、2016年10月22日に行われた新101系247Fの輸送以来2度目となります。

輸送される新101系1245Fをメインに

所沢到着後はいつも通りの時間に所沢駅を出発し、JR線への受け渡し場所である新秋津駅へと向かっていきました。

三線区間を行く甲種編成(新101系263F+1245F)
三線区間を行く甲種編成(新101系263F+1245F)

所沢駅で追い抜くことができたのでのんびりと追っかけ。

多摩川線へ輸送されていく新101系1245Fツートン塗装(新101系263F+1245F)
多摩川線へ輸送されていく新101系1245Fツートン塗装(新101系263F+1245F)
多摩川線へ輸送されていく新101系1245Fツートン塗装(新101系263F+1245F)
多摩川線へ輸送されていく新101系1245Fツートン塗装(新101系263F+1245F)

天候も悪いため、記録程度に1245Fが輸送されていく姿をメインに狙ってみました。
この場所で撮影できるのも天気の悪い時ならではです。

降雪により甲種輸送が途中で中止に

ここまで西武線内の新101系1245F甲種輸送について紹介しましたが、この多摩川線甲種輸送は降雪の影響により途中で中止・運休となりました。

当初の計画では

  • 22日:新101系1245Fを小手指~新秋津~八王子~武蔵境~白糸台
  • 23日:新101系1251Fを白糸台~武蔵境~八王子~新秋津~小手指

の経路で輸送が実施される予定でしたが

降雪・積雪の恐れがあることから、車両の輸送は22日の八王子駅到着後に中止となりました。

これにより、八王子まで輸送されたていた新101系1245Fは再び小手指に戻る流れとなり、23日に小手指車両基地まで戻されました。

実際には

  • 22日:新101系1245Fが小手指~新秋津~八王子
  • 23日:新101系1245Fが八王子~新秋津~小手指

の経路で、輸送されました。

  • 小手指➡新秋津:1245F(1245F)
  • 新秋津➡八王子:1245F(1245F)
  • 八王子➡武蔵境:ウヤ(1245F)
  • 武蔵境➡白糸台:ウヤ(1245F)
  • 白糸台➡武蔵境:ウヤ(1251F)
  • 武蔵境➡八王子:ウヤ(1251F)
  • 八王子➡新秋津:1245F(1251F)
  • 新秋津➡小手指:1245F(1251F)

()内は当初予定されていた輸送車両

西武線発の甲種輸送がトラブルなどで再び戻ってくる事例は、2005年12月17日に行われた上信電鉄500形503F(元・新101系293F)甲種輸送の際に新秋津で発生したブレーキトラブルで中止となって以来の出来事と思われます。

動画で見る新101系1245F甲種輸送

当日撮影した甲種輸送の動画をYouTubeチャンネルで公開しています。こちらもあわせてご覧ください。

【西武鉄道】新101系1245F(ツートン塗装)甲種輸送!いつもと違って小手指~所沢間は日中回送!

1か月後に甲種輸送を再施行!

当初の予定から約1ヶ月経った2月27日(土)に新101系1245F甲種輸送の振替が行われました。

再施行の様子を以下の記事にてご紹介していますので、あわせてご覧ください。

再施行!再び日中回送、新101系1245F(ツートン塗装)多摩川線車両交換に伴う甲種輸送

西武鉄道カテゴリの最新記事

当サイトの【YouTubeチャンネル】です。ぜひご覧ください!
YouTubeチャンネルはコチラ