E31+E34+E32が小手指へ回送

2009年02月09日
2月11日に行われる「Valentine小手指車両基地Day」で展示されるE31形(E31+E34+E32)の送込み回送が、1804列車から延長スジで横瀬→所沢→小手指の経路で行われた。


前回は間に挟まれていたE32が先頭に立って回送。
空が真っ暗なので、初めて横瀬で三重単バルブらしいバルブが出来た。


撮影の配慮かいつもより後ろで停車していたので広角レンズではなく標準レンズで撮影することが出来た。
ライトも点けていただいていたので機関士さんには感謝である。


先日、重単を流し撮りした場所で今回も流し撮りした。
先頭車両が若干流れてしまったもののサイズを縮小すると分らないものだ。


1804列車の延長スジで小手指まで回送のため飯能から先もバルブ撮影を行った。
後日行われる返却の時にも飯能で撮影出来るのと、小手指に先回りすることからライト点き時の撮影はしなかった。


当初8両停止位置で構えるも、するすると通り過ぎ10両停止位置付近で停車した。


こちらも飯能と同じ理由によりライト点きの撮影をせずに移動した。


小手指で入庫するため3番ホームに停車した。
このあと当駅始発の新木場行きが2番線に入線したため出発時は撮影出来なかった。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!

前の記事

「SL春さきどり号」試運転