西武多摩湖線のり面崩壊により脱線した新101系1261Fが拝島線で試運転を実施

2016年9月28日(水)

新101系1261Fが拝島線玉川上水~拝島~玉川上水の経路で試運転を行いました。

2016年8月22日に西武多摩湖線の武蔵大和~西武遊園地間で発生したのり面崩落の影響で、現場付近を走行していた同編成が崩落に巻き込まれ脱線しました。

脱線後はモーターカーならびに新101系263Fに牽引され、現場から玉川上水車両基地に移動した後、しばらくの間休車扱いとして車両の点検・整備が行われていました。

 


脱線後、初めての走行となった1261F。
拝島方(クハ1262)のスカートが外された状態で運転されました。

 


無事に走行できることが確認できたので、一安心といったところでしょうか。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!