当サイトでは、運営費用の負担を軽減するために広告を含んだ記事を公開しています

西武多摩湖線のり面崩壊により脱線した新101系1261Fが武蔵丘車両検修場に入場

西武鉄道

2016年10月3日(月)

多摩湖線のり面崩壊により脱線した後、9月28日に拝島線で試運転を行った新101系1261Fが武蔵丘車両検修場に入場のため、玉川上水~田無~南入曽~武蔵丘の経路で回送されました。

この入場は同車両の脱線を受けて、予定されていた入場時期を早めて検査を行うものです。

先日の試運転のとき同様、クハ1262のスカートが外された状態で運転されました。

先日の試運転のとき同様、クハ1262のスカートが外された状態で運転されました。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました

ご利用の環境下では、正常にご覧いただくことができないようです。
広告ブロックを解除するか、以下の別ページをご覧ください。

⇒ 他の鉄道グッズを見る
⇒ 他の鉄道ブログを見る「ブログ村」

タイトルとURLをコピーしました