301系1309Fが4両に組み換え横瀬から小手指へ

2012年12月21日(金)
今月17日に方転を行い横瀬に回送されていた301系1309Fが横瀬車両基地にて、
クハ1309-モハ309-モハ310-クハ1310 の4両編成に組み換えられて小手指まで回送されました。

1309Fは方転をして横瀬に回送される際
ファンサービスのためか飯能方クハ1309の電連が黄色に交換されていました。

飯能方 クハ1309(黄電連) – モハ309 – モハ310 – クハ1310 小手指・横瀬方

つまり、横瀬から小手指への回送は飯能まで黄電連が前ということになります。
これは山線区間で撮らない筈がありません。

当初は東吾野手前のストーレートで撮影しようと考えていたのですが、
現地に行ってみると気の影が車両にかかってしまうことが判明、この場所で撮影することに変更しました。

20121221_01.jpg
赤線 試運転 そして 黄電連
電連の色落ち具合がまたなんとも言えぬいい味を出していました。

20121221_02.jpg
追いかけいつもの場所で。
この場所で撮影したのも、この車両が新101系ではなく301系だということを分かりやすくするためで、拡大すると
前から2両目に弱冷房車のステッカーが貼っているのと、先頭の車番が1310と書いてあるのが分かります。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!