2000系2403F+新2000系2531Fによる団体列車運転、旧2000系が約17年8ヶ月ぶりに秩父線へ

2015年6月9日(火)
2000系2403F+新2000系2531Fによる団体臨時列車が、西所沢~西武秩父~小手指の経路で運転されました。

旧型の2000系が秩父線に入線するのは、1997年10月12日に行われた「西武トレインフェスティバル」の臨時列車として池袋~西武秩父間で運転された快速急行以来、約17年8ヶ月ぶりとなりました。

2403Fは飯能方に連結されました。
飯能からは2531Fを先頭に西武秩父へ向かいます。

「団体専用」表示、初めて撮影しました。

復路は、前パンである2403Fが先頭に立ちました。

通常の運用では決して見ることのできない旧2000系のトンネル飛び出し。

北飯能信号所。
遅切りしました・・・。

最後に飯能で折り返してきたところを撮って〆。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!