新101系263編成が新秋津に初入線

2010年02月16日
昨夜、南入曽車両基地から小手指車両基地に回送された新101系263編成が新秋津入線試運転を行った。新秋津に入線するのは今回が初めてで、小手指~新秋津~小手指の経路だった。
本来なら小手指~新秋津~所沢~新秋津~小手指の経路で運転予定だったが、未明に新宿線新狭山~南大塚駅間で発生したモーターカーとトラックの接触事故の関係で人が足りなくなった為か変更になった。

まずは小手指→所沢を狙うべく西所沢へ。


これはダイヤ通りにやってきた。この後、所沢停車を利用して追っかけができるので、所沢に行き所沢陸橋に移動した。

しかし予定時間を過ぎても263編成はやってこない。暫くすると「263編成は所沢でパンタを下げて留置されている」との情報が入った。これでは当分動きそうにないだろうと思い、撤収して所沢に向かった。


所沢6番で30000系と並ぶ263編成。この後、JRのM250系SRC入場があるということだったので新秋津へと向かった。

新秋津で撮影後は、「2回目の新秋津行きスジなら走るだろう」と思い、その時間に合わせて再び所沢陸橋に向かった。待つこと数分、時間になると263編成がやってきた。


E31形が走るときと同じような速度で通過していった。

この後は新秋津の入線風景を撮るべく歩いて新秋津に移動。


263編成の背後を通過しているのは武蔵野線205系。

数枚撮影し、折返しを撮るために連絡線が撮影できる場所に移動。


トンネルを抜ける263編成を秋津神社と絡めて撮影した。1両しか写ってないが、とりあえず連絡線を走っていることが分かるかと思う。

このまま秋津から小手指に移動して追っかけ。最初と同じく所沢停車を利用して先行することができた。


小手指逆2踏切で低速でやってきたところを撮影して帰宅した。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!

前の記事

M250系SRCが大宮入場