「さよなら101系・301系イベント」開催

2012年12月9日(日)
1969年から運行を開始した新101系・301系が本線からこの日をもって引退することとなり、さよならイベントが行われました。

当日は、301系1309Fによる池袋発の臨時快速西武球場前行きと、新101系271F+285F+281Fによるツアー列車が運転されました。
団体列車の運転経路は、西武園~本川越~西武球場前~所沢~横瀬でした。

◆送り込み回送

20121209_01.jpg
団体列車として使われる101系には各車両ごとに異なるデザインの特製幕が掲出されていました。

20121209_02.jpg
1309Fには西武鉄道100周年アニバーサリーのヘッドマークが掲出されました。

◆本運転
20121209_03.jpg
新狭山~狭山市を走行するツアー列車
急行灯の点灯と黄電連が装着されていました。

臨時快速についてはツアー列車と同じような時間での運転だったため、撮影は断念しました。

◆第1イベント会場

このイベントでは、時間ごとに第1会場と第2会場に分けられました。
第1会場は西武球場前駅で、301系1309Fと新101系271F+285F+281Fが並べて展示されました。

20121209_04.jpg
20121209_05.jpg
20121209_06.jpg

◆本運転 西武球場前→横瀬

20121209_07.jpg
山線区間を行く新101系271F+285F+281F
以前撮影した時より木が伸びていたのが予想外でした。

◆第2会場

イベント第2会場は横瀬車両基地にて
271Fと281F、保存車クハ1225を並べた撮影会が行われました。

20121209_08.jpg
20121209_09.jpg
20121209_10.jpg
20121209_11.jpg

◆返却回送

イベント終了後、新101系271F+285F+281Fの返却回送が横瀬~小手指で行われました。

20121209_12.jpg
飯能では側線で折り返しでした。
1番ホームの電車が退いてから出発まで7分ほどありましたが、その間ヘッドライトは点灯したままの状態にしていただけたため、マッタリしながら様々な角度から撮影することができました。
ありがとうございました。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!