E31形E32・E33・E34が陸送で大井川鉄道へ

今年3月28日で引退したE31形電気機関車が大井川鉄道に譲渡されるとこが決定した。
すでに、9月10日深夜から13日未明に掛けて先導車1台、トレーラー3台、トラック2台の合計6台で横瀬から金谷まで陸送された。
なお、譲渡されたのはE32・E33・E34の3両でE31は横瀬で保存となる。

2010年09月10日
陸送1日目:横瀬→鶴ヶ島

横瀬を21時過ぎに出発して国道140号・県道385号・国道407号線を経由して鶴ヶ島に24時過ぎに到着した。


途中、ショートカットして追っかけたため多少は違っていると思うが、おおよそはこのようなルートで運転された。

2010年09月12日
陸送2日目:鶴ヶ島→箱根

鶴ヶ島を0時過ぎに出発して国道407~299~16~129…1号線のルートで箱根まで運転された。
この日は鶴ヶ島から厚木付近まで追っかけた。

まずは出庫シーン
先導車、E32、E34、トラック、E33、トラックの順に国道407号線に向かって走っていった。


出庫シーンを撮影した後はひたすら追っかけ。
追っかけの最中も、併走したり、トレーラーの後ろに周ってみたりと撮影しなくても楽しむことができた。
トレーラーの後ろを走行していた時は、線路を走っている電車の後ろを自分が車で走っているという何だが不思議な気分に(笑)

今まで走っていた線路にお別れを言うかのように、今日はその下の国道を走るご一行。
「この場所にはもう二度と戻ってくることはありません…。」







〆で歩道橋から撮影した動画を。
翌日も撮影したかったが都合が合わなかったので、陸送の撮影はこの日をもって終了とした。

2010年09月13日
陸送3日目:箱根→金谷

深夜に箱根を出発、無事、未明に金谷に到着した模様

譲渡先が決まってとりあえず一安心。
大井川鉄道での運行開始はまだ未定のようだが、第2の人生として末永く頑張ってほしいと思う。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!