流鉄譲渡向け新101系が武蔵丘を出場

2010年09月13日
流鉄向けに新101系を改造した、流鉄5000系5002Fが武蔵丘車両検修場を出場し、小手指車両基地まで回送された。前回までの他社への譲渡車両の出場はE31形が牽引を担当していたが3月に廃車となったため、今回は4000系(武蔵丘~飯能間)と新101系(飯能~小手指間)が牽引を担当した。
普通の電車で牽引するため25km/h以下の速度制限で終電後に行われた。

まず、武蔵丘から4000系に牽引されて5002Fが飯能にやってきた。



4000系との連結が解除された後
しばらくすると、小手指から新101系287F+271Fがやってきて5102Fと連結された。



時間になると「ツートン+黄色+オレンジ」の編成で小手指に向けて出発していった。
ちなみに飯能まで牽引してきた4000系は夜明けまでそのまま留置となった。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!