連続テレビ小説「つばさ」ラッピングトレイン

2009年03月20日
3月20日より新宿線所属の10000系10111FにNHK連続テレビ小説「つばさ」のラッピングが施されている。
運転初日には西武新宿にて出発式が行われ、臨時列車(西武新宿→本川越)が運転された。


南入曽から出庫して回送で西武新宿1番ホームに入線するラッピングトレイン。
到着時には出発式関係者による拍手で出迎えられていた。


出発式にてテープカットを行う一同。 テープカットの他に運転手への花束贈呈が行われたが、残念ながら期待していたくす球割はなく呆気なく出発式は終了した。

左から西武鉄道後藤社長、川合川越市長、上田埼玉県知事、出演者・高畑淳子(女優)さん


一方、終点の本川越では埼玉県のゆる玉応援団がラッピングトレインの到着を出迎えた。

手前から、コバトン(団長・埼玉県)、いがまんちゃん(羽生市)、ガーヤちゃん(越谷市)、マナビィ(文部科学省)、つなが竜ヌゥ(さいたま市)、りゅうごん(秩父市)、アッピー(上尾市)、ハッピーこまちゃん(八潮市)、かいちゃん(三郷市)、星夢ちゃん(小川町)、コバトン(埼玉県)


6000系6102Fの車内広告は全て「つばさ」のもので統一されていた。


本川越にずらっと並べて掲出されていた「つばさ」ポスター
このドラマの舞台が川越のためポスターには川越の町並みがデザインされている。

 

今話題の西武鉄道BOOK(2020年9月24日発売)

Amazonベストセラー1位!
2020年9月24日にイカロス出版から発売された西武鉄道に関する本。

“赤電”が終焉期を迎えていた1985(昭和60)年から、今日に至るまでの西武鉄道の全形式を徹底詳解。

ディテールに迫る解説文と、エポックメイキングな出来事や各種形態、イベント列車などを捉えたカラー写真をふんだんに用いて西武鉄道の魅力に迫ります。旧型電車運転を運転していた西武鉄道OBのインタビューや掲載車両の車両形式図(先頭車)も掲載。

西武線ファンなら「お!?」っとなるような写真が満載です!

Follow me!